ガラスの器に合うレシピをご紹介するスペシャルコンテンツ。

ガラスの表情を引き立てる、美しくおいしい料理は必見です。

ON THE TABLE

タイ風味ナス豆腐カレー

料理・上野万梨子

 ×

パクチートースト添え

  岸本 耕平

(作りやすい分量、3〜4人分)(01)

木綿豆_1丁、ナス_中2本、サラダ油_大さじ2

A

ニンニク(みじん切り)_ 小1片

ショウガ(みじん切り)_ 小さじ2

パクチー(根と茎の部分のみじん切り) _ 大さじ2

B

クミンパウダー_小さじ1

ターメリック_小さじ2/3

パプリカパウダー_小さ2/3

塩_小さ1/2 、レモン汁_大さじ1、

チキンストック(顆粒状のものなど)_1カップ、

トマトの水煮(缶詰/細かくつぶす)_150g、砂糖_小さじ1、

ナンプラー_ 適宜、青トウガラシ(みじん切り)_ 適宜

02

01

作り方

1

2

3

木綿豆腐は横半分の厚さに切ってふきんに包み、皿などで重石をして冷蔵庫で半日ほど置き、水気をきる。

ナスは1㎝幅のしま目状に皮をむき、1㎝角に切る。塩水につけてアクを抜き、水気を絞る(02

浅めの鍋にサラダ油半量とAを入れて弱中火にかけ、1分ほど炒める。残りのサラダ油を足してからナスを加え、全体に油がまわってつやよくなるまで炒める。さらに、木綿豆腐を手で粗くつぶしながら加え、木べらでさらに細かくほぐ(03。そこにBとレモン汁を加(04、塩で調味する。

04

03

4

チキンストック、トマトの水煮、砂糖、ナンプラー、青トウガラシを加え、時々混ぜながらふたをせず25分ほど煮込む。仕上げにクミンパウダー、レモン汁、塩、砂糖(分量外、各適量)で味を整える。

5

器に盛り、パクチートーストを添えて完成。

※やわらかく練ったバターに刻んだパクチーを混ぜたパクチーバターを好みのパンに塗って焼き、仕上げに軽く塩をふる。

《今回使ったガラスの器》

PROFILE

上野 万梨子

mariko ueno

料理研究家。1974年パリに料理留学。帰国後、東京にてフランス料理教室を主宰。1991年からは自宅をパリに移し、以来日本とフランスを行き来しながら、両国の食と生活文化に関わる企画・編集・発信を続けている。「小さなフランス料理」(NHK出版)など著書多数。

http://uenomariko.com

KURASU.GLASS〈Lilas/リラ〉 作り手:岸本耕平

 

上野万梨子さんがプロデュースし、ガラス作家の岸本さんが形にした器。春先に可憐な紫の花を咲かせる「ライラック」(フランス語でリラ)がネーミングの由来。大人らしいクール&シックな雰囲気を醸す絶妙なニュアンスカラーが、合わせる料理をすっと受けとめながらも、食卓のさりげないアクセントになってくれます。

※詳細はONLINE STOREページをご参照ください。

料理/上野万梨子 写真/公文美和 スタイリング/佐々木カナコ